---------- サイトメニュー --------------------------------------------------------------

トップ(ホーム)乗り換えても等級は大丈夫通販型で安心なところにしたい代理店型のメリット、デメリット

運転者限定が気になったら無料見積もりを

自動車保険 運転者限定

家族構成に動きがあると車の保険の運転者の限定が気になるものです。


転勤、帰省で夫婦限定から家族限定にしたり、
一旦家族限定を解除したり

と様々なケースがあるでしょう。


そんな時が車の保険を見直す節目になります。


車販売店などからすすめられた割高な保険から直接販売の通販型に切り替えると、

夫婦限定や家族限定をはずしても

また気になる車両保険を付けても

今より保険料が安くなるかもしれません。


家族限定・夫婦限定の変更と保険会社の切り替えでダブルの節約になります。


無料の一括見積もりで早速各社の見積比較をしてみませんか?



一括見積もりの詳細はこちら こちら 【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり



※無料一括見積もりサービスは利用も簡単、免許証、車検証、保険証券を準備し5分〜15分程度で入力完了です。

2台目購入のときは何をチェックするのか


代理店手数料は「保険料の20%」

専業のプロ代理店は業界の10%だけ

この二つを知れば、車の保険の見方が大きく変わるのではないでしょうか。



アメリカのようにほぼ100%が専業の「プロ代理店」であれば代理店型の保険は高いと言えないかも知れません。

割高な分は専業のプロフェッショナルが対応する「安心料」になるからです。


でも日本ではどうでしょうか。

20%の手数料が載せられた車の保険を売る代理店の9割が素人代理店なのです。

1割は別としても残り9割の素人代理店のための手数料20%は高過ぎるとしか言いようがないのではないでしょうか。


代理店手数料を省いた通販型の車の保険は、「安いから不安」な保険でなく、「合理的なしくみで安くなっている保険」なのです。

一括見積で各社を比較すれば、この歴然として代理店型と通販型の違いを実感することができます。

通販は品質が違うから安いのではない


通販型と代理店型には明らかな保険料の差があります。


車の保険は価格が安いからグレードも落ちるという商品ではありません。


通販型といえども金融庁の認可・監視を受ける同格の保険事業であり、

通販型の保険料が安くなるのには、同庁から認可を受けた事業形態の違いという明確な理由があります。


●代理店経費、支店経費がかからないこと

代理店を置かずに直接取引を行うことにより、代理店手数料(保険料の20%)などの中間コストを省いている。

●リスク細分化が採用されている

年間走行距離、使用目的などリスクの違いによって保険料区分を細分し保険料の設定をきめ細かにしていること。

●運転者の範囲を狭める特約を設定していること


従来の自動車保険の多くは【運転者家族限定特約】まででしたが、新たに「運転者本人・配偶者限定特約」によって、本人・夫婦だけの運転の場合は従来よりも更に保険料が安くなる。


●免許証の色による保険料の区分を採り入れていること

免許証の色(ゴールド・ブルー・グリーン)に応じて保険料が算出される。


通販の車の保険は、このように事故対応などのサービスを省略して安くしているのではなく、中間コストの省略リスク細分の採用という合理的なしくによって安い保険料を実現しています。



−ここだけのお話−
過走行の車でも高く売れる可能性のあるのは、バス、トラックなどの商用車、軽自動車といったところでしょうか。
でもそれ以外でもあきらめることはありませんよ。
古い車を専門に探している買取店もあるくらいですから。

一括見積もり利用者の体験談


軽自動車の保険の相場を知るには一括見積もりに勝る方法はないでしょう。

一括見積もりサービスはまさに保険選びや保険の見直しのためにあるようなものです。

でも初めての場合ネットでの見積もりはちょっと不安かもしれません。

また無料サービスであるための疑問があるのかもしれません。

●入力がむずかしいのではないだろうか。

●補償内容が比較できるのだろうか。

●無料ロードサービスの比較がわかるだろうか。

●あとで電話勧誘があるんじゃないだろうか。

まずは一括見積もりの実際の利用者の体験談をご覧ください。

利用者の体験談はこちら こちら 一括見積もり利用者の体験談


<参考>
車を売る時は車査定の一括見積りもぜひ体験してみてください。


Copyright © 運転者限定で自動車保険を節約 All Rights Reserved.